事業内容

森の収穫。山村に人々が暮らしたそもそものはじまりは・・

  • 植えた人、育たて人の気持ちになって、森の糧をいただきます

当地域では主伐のできる山はすくなく、私たち独自の小回りのきく作業システムを活かすために、間伐材の生産が中心になっています。

条件的に難しいと言われる小面積からの民有林の収穫間伐を行います。

地域の森林から生まれる木材は、かけがえのない地域資源。だからこだわって出します。

搬出した材は有利な販売を心がけ、可能な限り所有者様に利益を還元することを目指しています。

将来の森の姿を見通した、環境に配慮した作業方法で、山を荒らしません。

間伐を考える 事業モデル

保育間伐

もったいないから伐ることもあります

  • 自分で植えた木はなかなか自分では伐れないもんだよ。

苗を背負って急斜面に植林、炎天下で下刈り、寒風の中で枝打ちまでして育ててきた山が、間伐をしないばっかりに、このままでは何も収穫できない、こんなもったいないことはありません。

間伐は、木を育てるだけでなく、土壌を育て、水や空気を育みます。

伐っても使えないけれど、伐ることで山を活かす、それが保育間伐です。

伐り置き間伐のすすめ

支障木の伐採

こんなに大きくなるなんて・・・

  • 庭先にあった木がいつのまにか大木になって、屋根を傷めたり災害で倒れたりしたら心配、でも伐採するにしても誰に頼んだらいいのか

    屋敷周りの木の伐採から、工事の支障木まで、山の仕事人の技で解決します。

    重機が入れないような狭い場所や、電線や家屋に囲まれた場所など、ご相談ください。

    木の命を活かすために、伐った木は出来る限り販売・利用するようにつとめます。

特殊伐採の施工例・詳細

ストーブ用薪

地球を暖めずに心と身体をあたためる

  • むかしから薪は人々の生活の支えでした。いま注目されるバイオマスエネルギー、その原点が薪です。間伐材などからストーブ用の薪をつくっています。
  • 地上で繰り返し生産される木材を燃やしても、地下に閉じこめた炭素を放出する石油や石炭と違って、地球温暖化にはつながりません。若い森林を繰り返し伐採し、いちばん生長が盛んな時期の森林を保つことは、二酸化炭素量を増やさない効果があります。

森林・林業コンサルティング

たしかあそこにうちの山があるはずなんだが・・

  • 自分の山がどこにあるのかわからない。持ち山はあるがいまさら金はかけられないし、どうしたらいいものか

いつも見る森、どうしたらもっときれいになるのかな

  • 自分のものではないけれど、地域の森林はみんなで大切にしたい

木一本から地域の山のことまで、なんでもご相談ください。

まず山を見ること、歩くことからはじめて、施業診断、測量、施業計画の策定など、あらゆる相談ごとに、現場で仕事をしている仕事人が応えます。

森林・林業コンサルティング概要

森林ボランティアへの協力

森林を愛する気持ちはプロ以上、楽しみながら自分も地域も元気になれる

  • プロには出来ない事をしたい、でも素人だけでは心配なことも・・

森歩きからチェーンソーの使い方まで、プロの立場でボランティア精神を応援します。

森林ボランティアへの協力

森林レクリエーション

見渡すかぎり、ゲートもフェンスもないテーマパーク

  • 山菜やキノコだけじゃない、森は巨大な遊園地。どちらかと言えば冒険系です。

山暮らしのために山仕事を選んだ私たちですから、山遊びも本格派です。

一応事業の一部門なんですが、つい自分たちが遊んでしまっています。

レクリエーション実績