伐り置き間伐のすすめ

kirisute1.JPG
地形が急だったり、道が無かったりという条件の悪い場所では、無理に間伐材を運び出すよりも、そのまま山に残しておくほうが良い場合もあります。使おうと思えばもちろん使える材ですが、搬出にかかるエネルギーを考えれば、土に帰すことで森全体を豊かにする方が良い場合も多いのです。将来のためを考えて、森林を育てるための間伐(保育間伐)出せない山でも間伐だけはしておきたい、私たちは、最低0.1ヘクタールという極小面積からの間伐を請け負っています。
搬出しない場合、伐った木は玉切りせず、そのままにしておきます。
玉切り整理はしない?