2006年度実績詳細

            事業報告書
                                                           企業組合山仕事創造舎

                         平成 18年4月 1日から
                         平成 19年3月31日まで
    

                                      
? 概況
 本年度は長野県の間伐アクションプランの策定など造林補助事業を強力に推進する体制
ができたこと、国際的木材市況の変化により素材価格が若干上昇に転じるなど、林業木材 
業全体にとっても、あかるい兆しがあらわれはじめた年となった。
当組合でも、民有林の事業においては施業委託契約の締結と施業計画策定を基本とした
計画的な事業実施、昨年度導入した高性能機械の効率的活用により、前年度を上回る事業
量および収益の達成を見込んだが、結果的には計画以上の売上を達成することができた。

 育林事業では、県発注の治山事業の落札が競争の激化などのため目標を達成することが
出来なかったが、従来に無い架線集材や土工事などを含む事業を受注したことで、将来に 
つながる技術開発をすることができた。
 また民有林の間伐事業の受注が延びたために、大幅な売上増となった。

 素材生産事業では昨年度末に完成した新しい搬出システムを活かし、事業量を拡大した
が生産性の向上という面で課題を残している。木材市況の若干の好転により、目標以上の
売上を達成することができた。
 薪炭生産事業については、薪原木生産を中心した事業となったために、表面上は計画
以上の売上を達成することができなかった。
 支障木伐採事業は公共工事関連の受注が引き続き増えたために、計画を上回る売上と
なった。
 森林林業コンサルティング事業は、森林整備地域活動交付金を利用した事業を中心に、
安定した受注を確保している。
 森林レクリエーション事業は、本年度より本格的な事業化への準備をはじめたので、
来年度においてはじめて事業としての成果を期待したい。引き続き試験的な取り組みを行 
うことはできた。
 その他の関連事業。
 ・「一枚の板」昨年から試行していたパルプ材クラスの中小径低質材を製材品販売を
継続的事業とした。
 ・「木と森の相談室」という名のショールームを、「遊企画」による「創想の森mini
ギャラリー」との併設として7月に大町市街地に開設。今後営業および地域材利用の啓 
発、一次製品の販売の拠点としての活用が期待される。年度途中からの開設、および山
仕事創造舎としての「木と森の相談室」の部分が未完成であることなどもあって、本年度
においてはいくつかの事業地確保のための商談をはじめるにとどまっているが、来年度
以降の営業効果の発揮が期待される。
 ・「間伐材利用」育てる会看板、鷹狩り山山頂のテーブル、ドールズハウス展の展示台
など、組合の直接事業として実施、今後の地域材活用のためのモデルケースを提示した。

 本年度も全員で年間を通して林業に携わることができ、過去最高レベルの収益を達成
することができた。創業以来はじめて法定積立金を確保したうえで黒字決算とすることが
できた。



? 庶務事項

1 組合員数および出資口数

  組合員数 7名	 
  出資金          3月31日 増資(出資口数 225口225万円)
                             総出資金額625万円
                                                                     

2 会議開催の概要

    (1)総会
   	(イ)第4回定期総会
             期日      	 平成18年 5月26日
             開催の場所	大町市北山 「岳友会」
             議案および議決の内容
              第1号議案 平成17年度における事業報告書ならびに収支決算書、
                          貸借対照表および財産目録の承認に関する件
              第2号議案 平成18年度事業計画書(案)ならびに収支予算書(案)
                          決定の件
              第3号議案  市町村合併にともなう定款の一部改正に関する件
              第4号議案  役員改選に関する件 現理事および監事全員が再選
                               
    (2)理事会
   	(イ)第1回理事会
           期日      	 	平成18年 5月14日

? 事業の概況
	総売上		        44,970,674  円

  1.育林事業
     	売上金額	                     20,624,558 円
     
     		切り捨て間伐  20.56ha	 治山事業  1.86ha  2,425,500円
                       補助事業  20.56 ha 3,284,600円
               不用木除去      8.70 ha
               除伐            0.21 ha                         257,300円
     		枝打ち		1.79 ha 
             
     
     
  2.素材生産事業 
     	売上金額		     11,045,299円     
     		
     		収穫間伐         16.91 ha      受託料等  5,322,400円
     		県有林素材生産    6.61 ha
             	素材生産量   780m3      素材売上  5,463,499円
               作業道開設	2207m    259,400円
     
  3.薪炭販売事業
     	売上金額	           151,200 円
     		    
  4.支障木伐採事業 
     	売上金額	          2,596,120 円
                       受注量 14件
 
  5.森林整備コンサルタント事業
                       		  562,000円     
                                     
  6.森林ボランティア育成事業
     	売上金額	   			   0円
                      受注量		件
 
  7.森林レクレーション事業
                          	   0円
     
  8.その他関連事業 
     	売上金額	           1,204,172円                                                 
  9.事業外収入
                                    368,514 円
                          
 	
   
   
   期末仕掛工事高                          3,924,900 円