組合概要

経営理念

森林の新たな価値を創造し、地域に貢献する。

設立の経緯

 大町市の荒山林業(荒山幸久氏・雅行氏)のもとで働きながら山仕事をまなんできた都会出身の3人が、平成12年7月に荒山さんの隣の山の手入れからはじめるということで、個人事業としての「山仕事創造舎」を設立。荒山方式の山づくりを基本に、間伐材生産を中心した共同事業を行ってきました。
 この事業を継承し、より安定的に発展させるとともに、社会的責任を明確にするために、相互扶助的な共同事業に相応しい法人として、平成14年4月企業組合を設立しました。

山仕事創造舎 名前の由来

組織及び事業の概要

平成12年7月7日(創業)
平成14年4月16日(法人化)

所在地長野県大町市八坂11054番地
大町営業所大町市大町3300-1
安曇野営業所安曇野市穂高有明9972−1
代表理事香山由人
監事八木聡(ひと粒舎)
顧問諌山憲俊(地平線倶楽部)
組合員20名(従事組合員18名 出資組合員2名)
組合員紹介ページはこちら
従業員数28名
出資金3,215万円
長期受託森林3,953ha
森林経営計画認定2,926ha

事 業

  1. 育林事業

  2. 素材生産事業

  3. 薪炭製造事業

  4. 支障木伐採事業

  5. 森林・林業コンサルティング事業

  6. 森林ボランティアの育成事業

  7. 森林レクリエーション事業

事業形態

森林の価値を活かす 山守(木と森の専門家)集団

山仕事創造舎は、林業現場で働く者による協同事業体として発足し、
地域林業の中核的担い手として、森林の価値を活かす山守集団を目指しています。

企業組合とは

組合員個人の出資による協同組合法人で、組合員の過半数が実際に事業活動に従事し、出資金額にかかわらず、一人一票の議決権をもつなど、資本よりも人的つながりを重視した共同事業の性格を強くもっています。
会社のように一体の事業経営をする場合や、個人事業の集合体として分散型の経営をする場合など様々な形態が可能です。

山仕事創造舎の場合

会社のような一体型の経営組織ですが、実際の事業運営にあたっては雇い主と従業員という上下関係ではなく、話し合いによって共同で仕事を進めています。

個人が毎日使うチェーンソーや刈払い機、その他手道具類は、原則として個人所有としています。これは職人は自分の道具には自分で責任を持つべきだという考えによるものです。

個人で持てない機械類などは組合として購入し組合管理で使用しています。

全員が営業力を身につけることを目指し、自分の地域で山仕事を見つけ出し、各現場ごとに責任者となり、それぞれ仕事の内容に応じて分担を決めて作業をしています。

今後は、素材生産だけでない、一次加工製品の企画販売などにも積極的に取り組んでいきます。

沿革

2000年7月個人事業として「山仕事創造舎」発足
大町市の荒山林業で山仕事を学んできた3人で設立。
個人持ちの道具と借りた林内作業車で独立して事業をはじめた。
2001年4月一名加入し4名に。
2001年5月小型林内作業車導入
2002年4月企業組合として法人化。出資金総額100万円
2003年3月大町市で森林施業計画を認定される
2003年7月長野県認定事業体取得
2003年8月長野県森林整備業務入札参加資格取得
2005年1月長野県林業関係コンクール、間伐部門で県林業改良普及協会長賞受賞
2005年2月高性能林業機械(ザウルスロボ0.16クラス+ウインチ)導入
2005年11月高性能林業機械(フォワーダ)導入
2006年7月大町市商店街に「木と森の相談室」を開設。
2009年7月大町営業所開設
2013年3月安曇野営業所開設
2015年3月大町市八坂 三原貯木場開設