アースデイ安曇野2006開催中

「木のぬくもり展」
見て触って、木のぬくもりを感じてください。

いつもならパルプ材にしてしまような、小径の曲がりのある木を製材し、カンナをかけてみました。

乾燥が充分でないものもあり、材木屋的にはまだ商品にはできないものですし、若い木が多いので、いずれ銘木として家具屋さんに使っていただけるようなものではありませんが、自家用の棚板やお店の看板など、工夫次第でいろいろ使えます。

HI340258.jpg

板1枚1000円〜

手前にあるのは、大町市の「木楽工房」山形英三さんの作品
間伐作業の前に除伐で伐られた広葉樹の極細いものから、このような作品ができます。

HI340259.jpg